花粉症

植物の花粉が、鼻やのど、耳、目などの皮膚に接触することによって引き起こされ、発作的にくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、のど、耳、目のかゆみなどの一連の症状が出るアレルギー性鼻炎です。
喘息・アトピーと並び、現在の統計では花粉症の人口は1000万人以上に上り、もはや国民病とも言われています。
最も有名な花粉としては春にみられるスギ花粉でしょう。
その他ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ花粉などがあります。
原因は食生活や住環境の変化により、アレルギー体質の人が増加していることや、大気汚染など様々な要因が考えられています。
当院では希望される方には、アレルゲンを特定するため、血液中の特異的IgE(RAST)の測定も行っています。

症状

上記症状に伴い夜間の睡眠不足、集中力欠如、イライラ感等心理的影響を及ぼす場合もあります。また頻繁に副鼻腔炎(いわゆる“蓄のう症”)を合併することがあります。

治療法

まずはマスク、めがねなど原因となる花粉を避けるよう、注意してください。

ここで注意したいのが、口だけを覆うマスクではなく鼻まですっぽりと隠れるマスクをして下さい。また普通のメガネをかけるだけでも、目に入ってくる花粉の量は裸眼時の3分の1程度になると言われています。

また、服は表面がツルツルし起伏のないものですと花粉の付着を最小限に抑えることができます。不規則な生活リズムや、睡眠不足、過労やストレスはアレルギー症状を悪化させることが多く、これらを避けることは症状軽減に有効です。

ただ実質的に100%花粉症を避けるのは現実的ではないため、例年症状が続く場合はお薬の内服、点鼻薬(鼻腔に直接噴霧するもの)、点眼薬も必要となる場合があります。

また初期療法やレーザー治療も当院では施行しております。薬も以前より眠気・口の乾燥感といった副作用を抑え、より体に負担の少ないよう改良・開発されております。また漢方薬による治療に関しても行っていますのでご相談下さい。