漢方薬

漢方薬とは

当院ではご希望の患者様には一般薬ではなく漢方薬を使った治療を行っております。
当院で処方している漢方薬は厚生労働省から認可されている「医療用漢方製剤」で、健康保険が適用されます。

漢方は6世紀に中国から入り、その後日本で独自の発展を遂げた医学ですが、時の明治政府が国の方針として、西洋医学を学んだ医師のみを認定することで一時は影を潜めました。しかし、その後も多くの医師たちが、漢方医学を発展させ、治療を行ってきたことも事実です。最近は、漢方の良さが広く再認識されてきており、大学の医学部の講義にも必修科目となってきました。

漢方は、決して西洋医学と相対するものではありません。むしろ、西洋医学的な手法を存分に活かす中で、漢方治療を受けていただくことも可能です。
当クリニックにおいては「現代における西洋医学のなかで漢方治療をより良く生かす」ということを理念として漢方薬を処方しています。もちろん、最初から漢方を使用するものではなく、治療のひとつの手段として漢方を活用することを目的としています。

漢方は、効くのが遅い、保険が効かないというイメージがありますが、決してそんなことはなく、治療法の一つとして最近注目を浴びている治療法であり、また症状によっては即効性のある漢方薬もあります。

症状

基本は、誰もが元来兼ね備えている、「自然治癒力」を高め、体を整える効果を期待するものです。ひとりひとりの自然治癒力を高めるため、病名で診断するだけでなく、体質や病気の状態によって最適な薬を選び使い分けることが必要となります。
また人の体は健康と病気の二つの状態にはっきり分かれるのではなく「体調がすっきりしないのに病院で検査しても異常なしと言われる」ような白でも黒でもない灰色の状態があります。これを東洋医学では「未病」と呼び、はっきりした病気ではないですが、病気が本格化し症状が顕在化する前の状態と考え、放置すれば病気になる可能性があると考えています。体質を改善したり、からだの治癒力を高めて病気が悪くなる前に治していくことが、漢方の基本的な考えです。

当クリニックではこんな方に漢方治療をお勧めする場合がございます
  • • アレルギー性鼻炎・花粉症・で従来のお薬がなかなか合わない方
  • • 慢性副鼻腔炎(ちくのう)が西洋薬でもなかなか改善しない方
  • • 慢性扁桃炎のため、常にのど風邪から扁桃腺炎を繰り返す方
  • • めまい発作を短期間に繰り返す方
  • • メニエール病に伴う難聴が進行している方
  • • 口内炎を繰り返しおこしてしまう方

ただ、漢方薬の処方はこれまでの薬と違った使い方や考え方があるので、同じ症状の人に同じ漢方薬を使っても、人によって効いたり効かなかったりします。その人にあった漢方薬をその人にあった飲み方で使う必要があります。