のどの異常感

のどがつかえる感じ、違和感、異物感、圧迫感、腫れた感じ、イガイガ、ヒリヒリ等。
のどの異常感は様々な形で表現されます。

扁桃炎や咽喉頭炎、気管支炎など、よくあるのどの病気から、声帯ポリープや悪性腫瘍、ぜんそく、アレルギーが関連している場合もあります。また脳・脳神経の変性疾患や腫瘍などで、のどの感覚異常・運動障害が生ずることがあります。

原因は様々であり、場合によっては症状が重い病気のシグナルになることがあります。

症状

のどに異物感を感じたり、イガイガ感、ヒリヒリ感、つかえる感じなど、原因やそれぞれの方の感じ方によって症状は様々です。

治療法

のどの違和感は、大きく分けると、

  • • のどに腫瘍などがある場合
  • • のどの炎症で起こる場合

があります。
それらを見つけるために、まずは電子ファイバースコープや超音波エコーの検査などでのどの状態を確認し、原因を探ります。

当院では「のどの異常感」がある方には、積極的に検査を行っています。
そういう検査で「できもの」が無いと確認された場合には炎症性のものか、心因性のもの、ほかに心臓や胃・食道の疾患が考えられます。「異物感」が強い場合はさらなる原因を調べるために内科や病院の耳鼻科での精密検査を受けてもらう事もあります。
治療は原因に応じて様々ですが、早期発見、早期治療が一番です。

最近、のどの違和感・痛みを訴えて来院される方が増えています。ストレス性にのどに違和感を感じるケースもありますが、一度専門医に診てもらい診断を受ける必要があります。